公開!仲介手数料の仕組み

比べて決めよう!不動産関連の参考サイト

仲介手数料の意味について

仲介手数料は、不動産仲介業の収入の基本となります。不動産業者間にしか流通していない物件を探したり、交渉したり、案内したりするわけですが、そのすべてのサービスの対価です。成功報酬なので、物件が決まらなければお客さんから手数料は取れません。どんなに一生懸命がんばっても決まらなければ成果は0です。ともすると結果がすべてですね。しつこい営業マンがいるのはこのためです。かといって強引な接客などは行うべきではありませんが。
しかし、仲介手数料は義務ではなく、「承諾の上で」受け取るべきものだとされています。なので、本来ならお部屋を検索したり、実際に案内する前に、仲介手数料というものがあり、制約の際にお支払いいただけるか同意を得ておくと良いと思います。
お客の側からしてみれば、なるべく費用というものは抑えたいものです。賃貸の仲介手数料は、成約物件の家賃の1か月分(プラス消費税)のことが多いのですが、これは交渉できるか言ってみるものです。言うのはタダですから。全額とはいきませんが、少しお安くしてもらえることもありますので・・・。

PICK UP! 不動産情報ブックマーク

Copyright (C)2017公開!仲介手数料の仕組み.All rights reserved.