公開!仲介手数料の仕組み

比べて決めよう!不動産関連の参考サイト

仲介手数料は不動産業者によって違います

土地・建物等の不動産の売買が成立した時に、仲介した不動産業者に手数料として支払うのが、仲介手数料です。契約金額によって手数料の割合は違いますけど、手数料の上限の割合は、国土交通省告示という法律によって決まっています。不動産の売主・買主の双方から手数料が入りますから、大きな金額になるものです。手数料の上限金額の割合が定められているだけですから、手数料を安くする事は問題ないですから、一部の不動産業者では、手数料を下げています。また、売主・買主のうち、片方からだけ手数料を取る場合もありますから、業者によって手数料は変わるものです。
不動産の手数料は、売買価格が大きいだけに高額になりますけど、手数料の使途として上げられるのが、新聞・雑誌・チラシ等の広告費が大きなウエイトを占めるといわれます。最近は、インターネット上に広告をするなど、メディアの範囲が広がっていますから、広告費の割合も変化しています。ネット上の自社のホームページを使用している不動産業者の場合は、手数料を下げる傾向が見られます。手数料については、不動産業者によって違いますから、売買の依頼時に確認しておきたいものです。

PICK UP! 不動産情報ブックマーク

Copyright (C)2017公開!仲介手数料の仕組み.All rights reserved.