公開!仲介手数料の仕組み

比べて決めよう!不動産関連の参考サイト

仲介手数料が不要の案件も増えています。

アパートや賃貸マンションを借りる時に、不動産業者に対して支払うのが、仲介手数料です。紹介してもらったお礼の意味をもつものといえます。不動産業者によって金額が違いますし、地域によっても違いがあるのが現状です。手数料の金額の上限は、国土交通省の告示という形の法律で決まっています。上限が決まっているだけで、下限は決まっていませんから不動産業者によっては、無料の場合もあります。更に、物件によって手数料が違う場合もあるものです。
法律上は、借主と貸主の双方から、家賃の1か月分を上限として手数料を受け取れる、と言う事になっています。借主から1か月分の手数料を受け取るか、貸主から1か月分の手数料を受け取るか、双方から0.5ヶ月分の手数料を受け取るかは、不動産業者と貸主・借主との契約条件によって、変わるものです。以前は、貸主の立場に立った不動産業者が多かったですけど、最近は、借主側の立場に立って「仲介料は不要」という場合が多くなっています。
新築のアパート・マンションは、入居者が集まりやすいですけど、中古になれば入居者が集まりにくいために、金額的なメリットを借主側に有利になるように設定している傾向があります。借主から手数料を取らない場合は、貸主から手数料を取っていますから、不動産業者に入る金額は変わらないものです。

PICK UP! 不動産情報ブックマーク

Copyright (C)2017公開!仲介手数料の仕組み.All rights reserved.